1年もしくは半年の内に、自分自身が知らず知らずのうちに犯した罪や過ちまた心身の穢れ(けがれ)を祓い清め、本来の清浄な心身に戻り日々の生活を営むための神事です。
大祓式は古くから伝わる儀式であり、半年分の罪や穢れを祓い清めるものです。

紙の人形(ひとがた・かたしろ)に自身の罪穢れを移し、お祓いをします。

日 時  夏越の大祓い・・6月30日  15時

当日参加できない方は、人形(ひとがた・かたしろ)を社務所でお預かりしております。御社殿正面のお賽銭箱のところに、社務所にてお預かりする用の人形をご用意いたしております。お参りの際などにお持ちください。