厳島神社(いつくしまじんじゃ)について

◇御祭神
 市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

◇由緒・ご利益
 いつ頃鎮座されたのかは定かではありませんが、『新編 武蔵国風土記』に記述があることから、古くから信仰されている神社であることが伺えます。御祭神の市杵嶋姫命は子守りの神として知られていますが、仏教において弁財天とされていることもあり、芸術の神としての側面もあります。9月に行われる例祭では鰻を神池に放流し、私たちの命を支える食生活に提供される生き物の霊魂を慰めます。