―厄除・方位除祈願について―

 古来より人生の節目を「厄年」として忌み慎み、神社に於いて厄除けの御祈願をする慣わしがあります。厄年とは、個々人の年齢によって、災難・厄難が身に降りかかりやすい年、悪い年まわりの期間が定められたもので、特に男性の四十二歳、女性の三十三歳は「大厄」と呼ばれております。ちなみに厄年の前年を「前厄」、当年を「本厄」、後年を「後厄」といいます。災厄が身に降りかからぬよう祓い清め、無病息災を祈念し、福を招くための御祈祷を致しております
 また、生まれた年によって定められる星回りを見ることで、運勢が低迷しやすい年を知ることが出来ます。「八方塞」、「暗剣殺」、あるいは「歳破」の年に当たる方には、「方除祈祷」をお受けいただくようお勧めしております。



【受付時間】  午前9時~午後3時30分
         ※土日祝日の「戌の日」は8時30分からの開始
         ※祭典等の都合により、受付時間が変更する場合があります。
       
          こちらをご確認ください。


【受付方法】  電話等での事前予約は受付けておりません。
   ※神社にてご家族様等が全員おそろいになった後、受付を開始します。






受付(5~15分程度)
 ・全員(ご家族等)がお揃いになりましたら、受付をしていただきます。

待合室
 ・ご祈祷の開始時間は決まっておりません。
  前の回のご祈祷が終わり次第、随時ご案内いたします。

ご祈願(15分程度)
・お祓い、祝詞奏上、巫女舞の奉奏 などを行います。









・神社内の駐車場に10台ほど停められます。
※祭典等の都合により、駐車できない場合があります。
     こちらをご確認ください。



級式 祈 祷 料
 1級式  30,000円
2級式 25,000円
3級式 20,000円
4級式 15,000円
普通式  12,000円
5級式 10,000円
6級式 8,000円
7級式 6,000円

お札の大きさやお供物の種類は、級式によってことなります。



 

        平成30年 厄除・方除早見表  
 
厄除・方除のご祈祷はその年の節分までが最も良い時期といわれております。皆様お揃いでお出かけください
厄      除
  前厄 本厄 後厄 忌明
男性 25歳 平成7年生 平成6年生 平成5年生  平成4年生
42歳大厄 昭和53年生 昭和52年生 昭和51年生 昭和50年生
女性 19歳 平成13年生  平成12年生 平成11年生 平成10年生
33歳大厄 昭和62年生 昭和61年生 昭和60年生 昭和59年生
37歳 昭和58年生 昭和57年生 昭和56年生 昭和55年生
男女 4歳 平成28年生 平成27年生 平成26年生 平成25年生
61歳 昭和34年生 昭和33年生 昭和32年生 昭和31年生
13参り 平成18年生
             
方  位  除 
八方塞 九紫 八方塞がれ身動きが取れない             
火星 平成3年・昭和57年・48年・39年・30年・21年・12年生
暗剣殺 四緑 他動的な凶災作用が発現するので注意する年
木星 平成8年・昭和62年・53年・44年・35年・26年・17年生
歳破 八白 心にすきま風の入るような気持ちになるので注意する年
土星 平成4年・昭和58年・49年・40年・31年・22年・13年生  
                         ※1月1日から節分までの生まれの人は前年の星になります